お酒造りには欠かせない集塵機!酒蔵にも導入!

水の美味しい日本では以前よりもその数は減ったものの、造り酒屋も各地方に多く残っています。この酒蔵における酒質の維持に関する努力は並大抵のものではなく、その一環として集塵機が使用されることもあるようです。集塵機の役目は地面や空気中からホコリを吸引することになりますが、それと同時にもう1つ非常に重要な役割を持っています。

それは空気中の雑菌を取り除くことにあります。多くの雑菌はホコリに乗って飛び散ることも少なくないために、酒蔵での集塵機の使用は非常に大きな意義を持つことは言うまでもありません。以前は日本の酒蔵もここまでは徹底的に集塵管理をしていなかったようですが、日本における酒の消費量減少に伴って海外での市場展開を模索する酒蔵が増えたのです。

海外の方から言わせると日本のお酒は非常に安心して飲めると言うイメージがありますので、酒蔵は品質管理に一層力を入れるようになっています。特に伝統的な手法で酒造を進める酒蔵になりますと徹底的な雑菌管理は業績を左右するほどの頭の痛い問題となりまして、今後業界内での生き残りを達成するための非常に大きな方法となるでしょう。

ただし、酒蔵で集塵機を使用して細菌管理をする場合には非常に工夫がいるらしく、酒蔵内の気温を維持するためにある程度大きな空間での使用が求められます。あまりにも狭い酒造スペースでの使用は、集塵機の使用によって気温を上げてしまう弊害も持っているからです。

集塵機メーカー!アコーとは

アコーは粉砕・造粒そして集塵機器の製造を行っているメーカーです。いわゆる大量生産できる工場は持たないものの、非常にシンプルで独自性の高い集塵機を提供しているのが特徴です。彼らが提供している集塵機は比較的簡単な構造が多く、メンテナンスもしやすいように工夫することにこだわっています。

集塵機においてもフィルタータイプだけでなく、活性炭タイプや電機や水で集塵するタイプも製品として提供しているのです。また、集塵だけでなく消煙・脱臭機器についても積極的に取り組んでいます。技術的にはマテルアル同士の分離に関する技術に長けているメーカーでして、それが集塵機やオイルスキマーなどのロングランな装置の開発に繋がっているのですね。

総スタッフ数も100名に満たないメーカーでありますが、それ以上の技術を元にした独創性の高い製品で自己資本率も極めて高い企業として知られています。限られた人材でも短期間に納品できる生産設備を持っているので顧客からも非常に高い評価を得ているでしょう。

ネームバリューがイマイチ低いとされるこのメーカーですが、技術は上述のように確かなものがありますのでイベントなどに国内のイベントなどに年に2,3回のペースで積極的に出店して確実に顧客を掴んでいます。

このメーカーの面白いところは本体価格を安くすると言うよりも、長期的にランニングコストで経費を節減して行こうと言う提案をすることです。いくら集塵機も初期投資だけ安くても何の意味もありません!

人気の自作集塵機!設計と使い方を徹底しないと非常に危険な状況に!

DIY工房などの木材をメインに加工する場所では集塵機を使って環境維持をするのが一般的ですが、最近は集塵機自体をDIYすることも多くなっています。集塵機自体のメカニズムは非常にシンプルになっているので、設計をきちんとすればかなり性能の良いモノも自作出来るでしょう。

しかし、自作する方の中にはかなり自己流で進める方も多く、本来確保されるべき安全性が考慮されていないなどの問題も発生しています。ここで非常に大きなキーワードとなるのが静電気になるでしょう。静電気は放電して行けば問題ないのですが、自作のための設計によっては放電がなされないケースも意外に存在しているのです。

それは集塵スペースをガラス瓶やプラスチックを使って確保していることでして、基本的には電導性のある金属性のタイプが良いとされています。それはオイル缶や一斗缶などになりますが、ここに静電気発散用のアースを取り付けることで集塵スペースに帯電しないことで火災を防止することが可能になります。

これは自作タイプで最も多いサイクロンタイプですが、電気タイプよりも火災のリスクが低いと言われているにしてもやはり設計を間違えばトラブルが起こりやすくなるのは必然的です。自作の集塵機は販売しても買う人がいるのではないかと思うほどレベルが高いものも存在していますが、その大半は素人の趣味の範囲のものなので材質などにほとんどこだわっていない大きな特徴を持っているでしょう。

プライベート用の集塵機は自作でも十分に機能する?そもそもどうやって作る?

最近は家庭においてもDIYにて様々なモノを作成する方も昔以上に増えていますが、木工に関しては特に人気になりまして現在では男女ともに愛好家がいらっしゃいます。しかし、木工をやるとなると非常に頭が痛いのが木の屑になるのではないでしょうか?この場合に多くの方が集塵機の購入を考慮しますが、現在は比較的安価なタイプも存在するものの、少しでも材料費に回したいと言う方も居る訳です。

また、掃除機を使っても木屑の吸引は当然ながら出来ますが、掃除機の中を木屑でいっぱいにしてしまうために多くの方はその使用を躊躇して行くことでしょう。しかし、それでも何としても木屑の処理を諦めきれない方になりますと、集塵機の自作を考えることもあるとされます。

実際のところ、この集塵機の自作についてはそれほど難しくないようで、市販のオイルの空缶を使ってサイクロン式の集塵機を作るのです。この場合に吸引のための掃除機と組み合わせれば自家製の集塵機が出来上がるでしょう。

このサイクロン式のものを作り方についてはプラスチックパイプなどを用いて集塵機構を作ることになりますが、意外に多くの方が自製されているようですね。この具体的な作り方はネット上で実に色々な方法が公開されていまして、日常的にDIYにて作業をされている方であればそれほど時間もかからずに作り上げられるものばかりです。

心配なのが集塵力ですが、掃除機でも十分に威力のあるものが作成できますので一度試してみてください。

集塵機は国産のものが安心?それとも海外のメーカーも人気なの?

空気中のホコリを一気に吸ってくれるのに非常に便利なのが集塵機になりますが、一般的にメーカーに関しては日本製を選ぶべきか外国製を選ぶべきなのでしょうか?基本的に日本国内での使用になりますと、日本製のものを使用することをおすすめします。

それは集塵機を使うのは圧倒的に企業・業者が多くなるからです。業務用の集塵機の場合は毎日大量のホコリ・粉塵を吸引することも多いので、万が一故障することがあれば非常に面倒と言えるでしょう。時として業務に差し障ることもあり、日頃のメンテナンスが非常に重要であることが分かるのです。

そのため、迅速なメンテナスに対応するためには日本国内にサービス拠点を備え付けていることが一般的な日本製の方が安心だと言えることでしょう。

もちろん、海外メーカーも高出力で人気の高いものもある訳ですが、問題はそれについて迅速にメンテナンスがなされるかどうかになります。海外メーカーも現在は代理店が日本にあることも多く、この場合は万が一故障した時も修理が望めますが故障個所によっては部品を海外から取り寄せなければならないこともあるのです。

また、トータルで考えた場合は日本に住んでいる場合は日本製を使うことの方が無難でして、日本製のものも最近は商品ライナンップが充実していますので全く問題が無いと言えるでしょう。さらに、海外で使用する場合は日本製の物が無いかもしれませんので、その場合はきちんとサービスセンターを設けているメーカーの物を選んでください。

電気集塵機・フィルター集塵機のメイコー商事|東京都荒川区

集塵機は国産のものが安心?それとも海外のメーカーも人気なの?

空気中のホコリを一気に吸ってくれるのに非常に便利なのが集塵機になりますが、一般的にメーカーに関しては日本製を選ぶべきか外国製を選ぶべきなのでしょうか?基本的に日本国内での使用になりますと、日本製のものを使用することをおすすめします。

それは集塵機を使うのは圧倒的に企業・業者が多くなるからです。業務用の集塵機の場合は毎日大量のホコリ・粉塵を吸引することも多いので、万が一故障することがあれば非常に面倒と言えるでしょう。時として業務に差し障ることもあり、日頃のメンテナンスが非常に重要であることが分かるのです。

そのため、迅速なメンテナスに対応するためには日本国内にサービス拠点を備え付けていることが一般的な日本製の方が安心だと言えることでしょう。

もちろん、海外メーカーも高出力で人気の高いものもある訳ですが、問題はそれについて迅速にメンテナンスがなされるかどうかになります。海外メーカーも現在は代理店が日本にあることも多く、この場合は万が一故障した時も修理が望めますが故障個所によっては部品を海外から取り寄せなければならないこともあるのです。

また、トータルで考えた場合は日本に住んでいる場合は日本製を使うことの方が無難でして、日本製のものも最近は商品ライナンップが充実していますので全く問題が無いと言えるでしょう。さらに、海外で使用する場合は日本製の物が無いかもしれませんので、その場合はきちんとサービスセンターを設けているメーカーの物を選んでください。

集塵機を実際に使ってみた方の感想は?感じたメリットはどんな点?

大量のホコリを集塵してくれるのが集塵機ですが、実際に使って見ないとその便利さなどは分かりませんよね。でも、毎日使っている方から言わせるとどのような感想を持っているのでしょうか?

大型の集塵機を使用している企業などに言わせますと、使用している機器に依るのですが多くの機器に関して一度吸引したホコリが逆流しないと言う大きなメリットがあるようです。これは大型の機器が比較的集塵効率の高いフィルターを使用していることが大きな理由として挙げられます。

企業によってはこのフィルターの効率性を最大限に出来る機器を採用していることもあって、この場合は業務用の機器であっても小さめのものを導入することが出来るのです。

一方で家庭用の集塵機を使っている一般家庭になりますと、業務用のタイプと比べてみるとフィルターの寿命は短いと言えるかもしれません。しかし、業務用のようにそれほど大きな音を出すことはありませんし、掃除機を使う感覚で使用できるのが魅力なのかもしれません。

しかも最近は家庭内での家庭大工いわゆるDIYの際の使用を目的とした集塵機も多く販売されていまして、かなり軽量化が進んでいますのでハンディタイプで使用上における疲れも感じさせない大きなメリットを持っています。

それでも、集塵機は日頃のメンテナンスをしなければ上述のようなメリットを享受するのは非常に難しいと言えまして、長期間使って行くにはこの点を必ず考慮しなければならないでしょう。